おしりのニキビは、おしりのてっぺんや尾てい骨の辺りに出来ます。

放置しておくと、椅子などにに座る際に痛みを伴う為、おしりのニキビの悩みは大変深刻です。
一度出来るとどんどん大きくなり、膿みの根(ニキビの芯)もしっかり根付いて来る為、一定以上の大きさにおしりのニキビが育ってしまったら、皮膚科での治療でなければ対処出来なくなるでしょう。

また、おしりは脂肪の割合が多い部分なので、ニキビを潰してしまうとニキビ跡になりやすく、女性は特に注意が必要です。


おしりのニキビの原因も、顔や身体に出来るニキビ同様、皮脂の過剰な分泌 による 毛穴のつまり が直接的なものです。

他のニキビと同じと言うことは、当然 食生活 にも大きく影響されます。
高カロリーの食事やお菓子やチョコレートの食べ過ぎは、ニキビの原因になります。
バランスの取れた食事を摂ることが大切です。

入浴時にも注意が必要です。
硬い素材のタオルで洗ったり、ボディシャンプーなどの洗い残しは、皮膚を刺激し、ニキビの発症・悪化の原因となります。

さらに、ニキビの箇所がおしりという場合は、 下着 で擦れやすく、汚れや汗、細菌類に触れやすい環境にあります。
こういったことが、ニキビの発症の可能性を高めます。



すべてのニキビの最大の原因は、皮脂の過剰分泌 です。
おしりは汚れが溜まりやすい為、皮脂と混ざり合って硬い角栓になってしいます。

皮脂の分泌を抑制するには、ホルモンのバランス が重要です。
特に男性ホルモンの分泌を抑える必要があります。
その為には、充分な睡眠脂肪分や糖分を控えた食生活 が必要です。

また、職場や学校などでの ストレス も、ホルモンバランスを崩しますので、ストレスをうまくコントロールすることも大切です。


充分な睡眠・規則正しい生活・バランスの取れた食生活は、皮脂の過剰な分泌の抑制と、皮膚のターンオーバーのリズムの崩れを正常に戻すという効果があります。

ターンオーバーとは、表皮細胞が作られ、成長し、角質となり、肌を護り、役割を終えて剥がれて行く、肌の生まれ変わりのサイクルのことで、一般には28日周期と言われています。

ターンオーバーが正常になれば、古い角質が剥離しやすい環境が出来、毛穴をつまり難くさせる効果があります。


毛穴のつまり は、毛穴の入口付近に滞留する汚れや細菌、古い角質等と皮脂とが混ざり合う事で生じます。
汗をかいた時などには下着を着替えるなど、普段から気にとめておく必要があるでしょう。



おしりのニキビは、普段ケアするには、分かりづらい場所です。
ですので、入浴時には丁寧に洗浄し、汚れを残さないように気を付けるようにしなければなりません。

普通の石鹸やボディソープではなく、ピーリング石鹸 なるものを使うのも手です。
昨今は、ピーリング成分であるグリコール酸(フルーツ酸)配合の石鹸が市販されていますので、薬局などで「ピーリング石鹸」と言って求めてみるのも良いでしょう。

おでこ・額のニキビも、他のニキビ同様思春期に多いのですが、大人になってからも、睡眠不足食生活の乱れ など原因で出来ることがあります。

また、おでこ・額のニキビには、ホルモンバランスの崩れや生理周期 なども関係します。

他にもおでこ、額のニキビの原因として、ストレス ストレスも挙げることが出来ます。
思春期には勉強で、大人になってからは仕事で、睡眠時間を削ってしまったり、学校や職場での人間関係他様々な要因でストレスを溜めると、交感神経の運動が活発になり、ストレスに対抗する為に身体が緊張状態を作り出します。
こうした状態は肌にも影響し、ニキビの原因になります。

不充分な洗顔もおでこ・額のニキビの原因になります。
ニキビの原因として意外と根深く気付き難いのが、「洗顔料の洗い残し」です。
これ(だけ)が原因の場合、正しい洗顔をする と、驚く程の効果が見て取れます。



おでこ・額のニキビは、日常生活 が原因で出来る場合が多いので、充分な睡眠とバランス取れた食事を心掛けることで改善される場合が多いです。

また、おでこ・額に限らず顔に出来たニキビはついつい触ってしまいがちですが、手は雑菌が付きやすい部位なので、毛穴の細菌を活発化させ、ニキビを悪化させます。
また手の温度で皮膚の温度が上昇すると、皮脂腺が活発に働き始めるので、さらに皮脂を分泌させてしまいます。
ニキビが出来てしまったらつい触ってしまう癖も、ニキビの悪化の原因ですので、気を付けましょう。


洗顔の際には、あまり力を入れてゴシゴシこすらずに、泡立てた石鹸で、優しく念入りに行いましょう。

洗顔時の水のはぬるま湯が、最も適切です。
ぬるま湯を使うことで、毛穴に限らず顔全体の汚れも落ちやすくなります。

洗顔の前にホットタオルで毛穴を開かせると、尚良いでしょう。


これらのことをやっても改善が見られない場合は、皮膚科や美容外科などに相談してください。

ニキビは、個人個人で症状や段階が違います。
自分の判断で市販薬を塗って済ませることは、お奨め出来ません。

病院でのニキビ治療には、塗り薬による治療、飲み薬による治療、またその両方による治療があります。

顎(あご)にニキビが出来る原因は様々です。

そのひとつに、男性ホルモンの分泌が増える ことによる肌の新陳代謝が崩れがあります。
大人ニキビ が出来る場所に顎(あご)が多いのは、これが原因です。


生理前ストレス などによる男性ホルモンの分泌量の増加もあります。
排卵後から次の生理までの間に増える黄体ホルモンが、皮脂の分泌を増やします。


また、睡眠不足食生活の乱れ なども、男性ホルモンの分泌量を増加させます。


最も気を付けなければならないのは、洗顔料が残っている場合です。

ニキビの原因の第一は、毛穴のつまり です。
洗顔料を洗い残してしまうと、毛穴をつまらせることになります。



顎(あご)のニキビの治療法で、自宅で出来るものとしては、

正しい洗顔
保湿
バランスの取れた食生活
充分な睡眠
ストレスの解消
ニキビを触らない
消毒薬の利用
市販のニキビ用の薬の塗布
市販のビタミン剤の服用
などがあります。


しかし、自己流の治療でニキビが悪化して、ニキビ跡になってしまっては大変ですので、最初から皮膚科などの病院にかかることをお奨めします。
ニキビは、立派な皮膚病なのです。

医師によるニキビ治療は、まずは投薬治療になるケースが多いようです。
塗り薬と飲み薬の、どちらかあるいは両方を処方します。

薬だけでは状態の改善が見られない顎ニキビの場合は、外科治療を行うこともあります。
顎(あご)のニキビの外科治療は、ニキビの部分にメスを入れるなどして切開し、中のアクネ菌や膿を取り出します。
自分でニキビを潰してた場合は表皮が破裂してしまうので、ニキビ跡が残りやすいのですが、ニキビの切開治療の場合は切り口がきれいに縫合されるので、痕が目立ち難くなります。

近年では、レーザー治療を顎ニキビに施す例も増えています。
レーザーがアクネ菌を殺菌し、治療に効果を表します。

フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる特殊な光を使った美容治療です。
フォトフェイシャルの美容治療は、ニキビ・ニキビ跡などに対する治療も行います。

フォトフェイシャルのIPLは、メラニンに反応する特殊な光です。
シミ・ソバカスなど肌のトラブルを引き起こす原因となるメラニンにダメージを与えることで、美肌・美白効果をもたらします。

IPLの光エネルギーにには、皮膚のコラーゲンが増加する効果もあります。
コラーゲンは、肌の保湿の為に重要な役割をしている成分です。


フォトフェイシャルの施術時間は、ニキビ・ニキビ跡の状態や施術する箇所によって多少変わりますが、およそ15分~20分程度です。
施術は簡単で、特殊なジェルを患部に塗り、そこへIPLを照射します。
痛みなどは無いので、安心して受けられます。

フォトフェイシャルは一回で終わる治療ではありません。
ニキビの段階やニキビ跡の状態による個人差はありますが、効果が現れるまで数回程度受ける必要があります。
通常は3週間ほどの間隔を空け、次の治療を受けることになります。


フォトフェイシャルのメリットは、肌へのダメージが少ないことです。
これは光を使った治療である為ですが、その他にも、例えば、ニキビやニキビ跡のある箇所のみと言った具合にピンポイントで対処できる為、肌に掛かる負担を最小限に抑えることが出来るからです。

レーザー治療に比べて痛みも少なく、施術した部分は、赤くなることはあっても傷跡になるようなことはありません。
また、施術後もすぐに化粧や洗顔が出来るのも、フォトフェイシャルならではでしょう。


フォトフェイシャルのデメリットとしては、即効性が無いところです。
1回の治療では、目に見えて大きな効果は実感出来ないのが普通です。

その人のニキビやニキビ跡の症状にもよりますが、だいたい3週間くらいの間隔を空けながら、5回~10回ほどの治療を受けることになります。
当然、その分費用も掛かりますし、通院に時間やエネルギーも使います。

また、体質や肌の状態、症状の重さには個人差がありますので、フォトフェイシャルがすべての人に同じ効果が出るとは言い切れません。
充分な効果を感じられない人もいるでしょう。


それから、ニキビ以外のトラブルが肌にある人・・・アトピー性皮膚炎、ひどい日焼けなど・・・がある人は、フォトフェイシャルの治療を受けることが出来ない場合があります。
そのような人達にとっては、フォトフェイシャルの刺激が強過ぎて、肌に更なるダメージを与える可能性がある為です。

ケミカルピーリングは、読んで字の如く「科学物質で皮膚を剥く」ことです。
ケミカルピーリングとは、酸性の物質を使用して皮膚を剥いて、新しい皮膚を作らせる方法です。


ケミカルピーリングはニキビの治療にも効果があり、フォトフェイシャルが出現する以前は、ニキビ治療の主流でした。

肌に対して刺激の少ない酸で古い角質をやさしく取り除くことにより、ニキビの原因である 毛穴のつまり を改善し、さらに肌のターンオーバーを促進してニキビ跡も解決してしまおうと言う治療方法です。


ニキビの状態や進行段階は人によって違い、また肌の状態も人によって違いますから、その人のニキビや肌の状態に応じて治療方法も変えなければなりません。

と同時に、病院や医者も人それぞれです。
充分で最新の医療機材がそろっている病院と言うのもひとつの条件ではあります。

ですが、ケミカルピーリングにしろフォトフェイシャルにしろ、医者個人が持つ技量が問われる治療方法です。
美容外科や皮膚科を受診する前に、その病院の評判を口コミサイトなどを利用して情報を収集し、よく検討してからかかるようにしましょう。


ケミカルピーリングは、医療機関だけの専売特許ではありません。
自宅で治療出来るものも市販されています。

「ピーリング石鹸」と呼ばれているものです。

家庭での使用が前提ですので、医療機関で行うピーリングと比較すると、当然、酸の濃度は低めですが、ニキビやしみ、そばかすに有効であるとされています。


また、洗顔後にピーリングローションを小皿に取り分けて、付属の筆を使って肌の気になる部分にピーリングローションを塗布する「ホームピーリング」と言うものもあります。

ホームピーリング後は角質層が薄くなる為、紫外線 に対する肌の抵抗力が落ちています。
ですので、日中は必ず日焼け止めなどの 紫外線対策 が必須です。

ニキビ治療の為に皮膚科などの医療機関を受診するのは、自分でニキビを治そうとしてみたが出来なかった場合・・・と言う人が多いかと思います。

ですが、それは逆です。
自己流のニキビ治療で、ニキビが悪化してニキビ跡になってしまったら、完治するのは困難です。
市販薬などを買う前に、まずは医療機関を訪れるのが正しい選択です。

ほとんどの人にとっては、「ニキビは皮膚病である」と言う認識が薄いようです。
しかし、ニキビは尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)と言う、まさしく皮膚病なのです。

ニキビには、症状や段階により適切な薬があります。
市販薬を自分で選択するようなことはせず、皮膚科や美容皮膚科・美容外科などの医療機関で、個人の症状にあった治療薬を処方してもらうことをお奨めします。

また、ケミカルピーリングフォトフェイシャル、レーザー治療など、自宅では出来ない治療を、医療機関でならば、肌質や症状・段階に合わせて受診することが出来ます。
合わせて 生活習慣 の指導なども受けられるのは大きなメリットです。


ケミカルピーリングは、ニキビ治療のスタンダードなものです。

古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを正常化させます。
ケミカルピーリングには、殺菌作用、毛穴の汚れを溶かし出す作用、ニキビの炎症を抑える作用、皮脂の分泌 を抑える作用もあります。
ニキビ跡の色素沈着やデコボコも改善します。


フォトフェイシャルは、気になる小じわ、しみ、そばかす、くすみ、ニキビ跡、毛穴の開き、赤ら顔など、肌の様々なトラブルを治療します。

フォトフェイシャルは、顔全体に有効な光を当てることにより、肌が持つ本来の美しさを呼びさまし、若々しい素肌に改善して行くことを目的としています。
また、沈着したメラニンにダメージを与えると同時に、コラーゲンの合成を活性化させ、肌が内側から美しく変わって行くのを助けます。

フォトフェイシャルは幅のある波長を持ち何色もがが集まっている光である為、単一の波長(色)の光のレーザーと違い、肌へのダメージはほとんどありません。


ニキビのレーザー治療は、ニキビのてっぺんにレーザーでごく小さな穴を開け、角栓(コメド)と皮脂を医療機器によって押し出します。

レーザーには殺菌作用がありますし、ニキビに空気を通す事により空気を嫌うにきび菌の活性を抑え、ニキビ跡を残さずに治療することが出来ます。
レーザー治療は、ケミカルピーリング直後の角栓(コメド)が水分を含んで取り出しやすくなっている状態で行うと、大変に効果的です。

ニキビを市販されている薬で治療しようという人は、大勢いるかと思います。

ニキビの市販薬はドラッグストアなどで気軽に購入出来ますし、皮膚科や美容外科へ通う時間や体力も省けます。

市販薬で実際にニキビが治る場合もありますが、自分で薬を選んで使う場合は、治らないばかりかニキビを悪化させてしまうリスクもあること覚悟しておかなくてはなりません。


ニキビと言うものは、その症状や進行状態によって適切な薬は違って来ます。

また、同じ人でも、場所によって、初期のニキビや進んでしまったニキビが混在しています。
それを考えた場合、ニキビの薬の選択は、素人にはとても難しいと言うことが想像出来ると思います。

ニキビの薬は市販のもの使用するよりも、病院で診察を受けた上で処方されたものを使う方が断然安全であると言えます。

ニキビ跡を作らない為にも、正しい専門知識を持った医療機関で受診することをお奨めします。


ニキビの薬には、服用するタイプのものと塗る外用タイプのものがあります。

身体の中と外からの両方でニキビを治療することにより、早い改善が見込めます。

薬に使用されるのはステロイドや抗生物質ですが、いずれもニキビを根本から治すものではなく、今あるニキビの炎症を抑えるためのものです。
ニキビを根本から治すには、睡眠不足食生活 の改善など、日常生活 から変えて行かなくてはなりません。

ビタミンCが美白効果や美肌効果があるということはよく言われています。
ビタミンCは、ニキビ対策としても有効です。


ビタミンCは、

皮脂の分泌 を抑制してくれ、

炎症を抑え、

酵素チロシナーゼの生成を抑制し、メラニン色素の生産を抑制し、

活性酸素 を中和させ、シミなどを作り難く

してくれます。


以上のようにニキビ対策に有効である他、ビタミンCには抗酸効果や小じわの解消への効果も期待出来ます。


ビタミンは人間の身体にとって必要不可欠な栄養素ですが、身体の中ではほとんど作ることが出来ません。
ですので、主に食事で摂取することになります。

人間の身体に必要なビタミンは、13種類と言われています。
ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりします。

体内でビタミンCが不足すると、壊血病と呼ばれる病気を発症したり、精神障害なども引き起こす場合があります。
壊血病とは、コラーゲンが作られなくなり血管が弱くなることで、体内のいろいろな部位で出血を起こす病気です。

肌にビタミンCが不足するとコラーゲンが作られなくなり、肌のハリや弾力を失います。
抗酸化力を失った肌は、シミやしわができやすくなり、いわゆる老化を招きます。


ビタミンには、水溶性のものと脂溶性のものとがあります。
ビタミンCは、別名「アスコルビン酸」と呼ばれる水溶性のビタミンです。

ビタミンCは、白色の板状または針状の結晶性の粉末で、水に溶けやすく、強い酸味が特徴です。
大変壊れやすく、酸とアルカリにも弱く、熱や光や酸素によっても破壊されてしまいます。

また、喫煙や過度な飲酒ストレス などといった日常的なことでもビタミンCはどんどん消費されてしまいます。

ビタミンCを多く含む食べ物には、アセロラ、イチゴ、柿、みかん、グレープフルーツといった果物や、赤ピーマン、ブロッコリー、イモ類などの野菜があります。

日常生活上のニキビ対策としては、以下のことに注意しましょう。


ニキビが気になっても、ニキビに触れたりしないようにしましょう。

ニキビを触ったり潰したりすると、炎症を起こしたりニキビによる出血を助長させたりしてしまいます。
ニキビを益々悪化させてしまう原因となってしまいますので、意識して触らないようにしましょう。
ニキビ跡が出来る原因のにもなってしまいます。

頬杖や髪の毛をいじったりすることも、ニキビの悪化の原因になります。
手は雑菌が付きやすい部位なので、毛穴の細菌を活発化させ、ニキビを悪化させます。
また、手の温度で皮膚の温度が上昇すると皮脂腺が活発に働き始めるので、さらに皮脂を分泌させてしまいます。

基本的には洗顔する時と薬を塗る時以外は、顔に触らないようにします。


あまりニキビのことばかり考えて悩まないようにしましょう。

体質や健康状態ももちろんですが、イライラがつのったりすることにより、肌が荒れたりニキビが出来たりすることがあります。
逆に、精神的に安定していると、肌の調子が良かったりします。

ニキビは、きちんと治療を受ければ、多少時間は掛かっても、必ず改善へと進みます。
不安におののいて ストレス を溜め込まないように、正しい知識を習得し、ニキビの症状の改善を目指しましょう。


ニキビを放置しないようにしましょう。

ニキビには、症状に段階があります。
ニキビがまだ初期状態である場合は完治する可能性が高いのですが、症状が悪化してしまった場合は、ニキビ跡として残ってしまいます。
そうなると、基本的な対処では治すことも改善することも出来ません。


睡眠不足 にならないようにしましょう。

皮膚の新しい細胞が一番作22時から2時の時間帯を含む、充分な睡眠時間を確保するようにしましょう。


正しい 洗顔 をするようにしましょう。

間違った洗顔は、ニキビが改善しないばかりか、症状の悪化を招いてしまいます。
過剰に力を入れた洗顔や、必要以上の回数の洗顔は、行わないようにしましょう。


タバコを吸って居る方は、禁煙しましょうね?(笑

タバコや農薬、発ガン性が確認されている食品添加物・化粧品、排気ガス、濾過していない水道水、有害な紫外線などは、
ニキビの原因となる 活性酸素 の発生源です。体内に取り込まないようにしましょう。


栄養バランスの取れた食事をするようにしましょう。

高カロリーの食事やお菓子やチョコレートは、なるべく避けることがニキビ対策です。
栄養が偏らないような 食生活 をおくるようにしましょう。


ニキビ対策用の化粧品を使うようにしましょう。

ニキビ対策は、ノーメイクが一番良いのですが、女性の場合はそういうわけにもいきません。
ニキビ対策用の化粧品 は様々なものが市場に出回っていますので、自分の肌に合ったものを選んでニキビ対策としたいところです。

顔に出来るニキビ の対策としては、正しい洗顔をすることが大変重要です。


洗顔は、基本的には朝と夜の2回で充分です。

洗顔の目的は皮脂と汚れを取り除き角質の機能を良好な状態に保つことなので、洗い過ぎても良くないし、洗わないのも良くありません。
汗をかきやすい季節やスポーツをした日などには多少回数を増やす必要がありますが、洗顔回数が多過ぎると必要である皮脂まで洗い落としてしまうことになり、ニキビ対策としては逆効果になります。


洗顔の際に、あまり力を入れてゴシゴシこすって洗うのも考えものです。

力を入れ過ぎたり過度にこすってしまう洗顔は、肌を刺激します。
肌への刺激 は、ニキビの原因になります。
泡立てた石鹸で、優しく念入りに洗顔するのが良いと言われています。


洗顔する時の水の温度も大切です。

冷たい水で洗顔を行うと毛穴が収縮してしまい、毛穴の中の汚れや皮脂が洗い落とせません。
洗顔にはぬるま湯が、最も適切です。
ぬるま湯を使うことで、毛穴に限らず顔全体の汚れも落ちやすくなります。

ホットタオルで毛穴を開かせた後、ぬるま湯で洗うと、尚良いでしょう。



女性の場合、クレンジングを行って化粧をきれいに落とすのはいうまでもありませんが、化粧をしていると通常よりも肌は汚れやすいと言うことも意識して洗顔をするようにしましょう。
クレンジングで化粧を落とした後が、やっと洗顔なのだと憶えておいてください。

1回目は化粧や皮膚表面の汚れを除去するための洗顔(クレンジング)、
2回目は余分な皮脂や残ったクレンジングを洗い流すための洗顔・・・

と言ったダブル洗顔を心掛けてください。


洗顔には、ニキビ用のピーリング石鹸を使うのも有効な対策です。


そこまでやるか!・・・と言う感じですが、洗顔時にアルカリイオン水を使用するのも効果的です。
アルカリイオン水には 活性酸素 を減少させる働きがあるからです。