口臭の原因を知り、予防と対策を実行しましょう。

他人の口臭で、嫌な思いをした経験は、どなたにもありますよね?

もしかしたら、自分も口の臭いもくさいのではないかと、心配になりませんか?

口臭には、いくつかの原因があります。
このサイトで説明する口臭の原因が、あなたにも当てはまるのであれば、予防と対策が必要です。

口臭の原因は、くさい臭いの元となる細菌が口の中に増えることですが、細菌が増える原因は、様々です。

歯磨きをちゃんとしていない為ににおう・・・なんて人は論外!

口臭の種類は、大きく三つに分けられます。ます。

まず、ニンニクやネギなど臭いの強い食べ物や、タバコや酒など嗜好品による口臭ですが、これは一時的なもので、時間の経過とともに無くなりますので、病院での治療は必要ありません。


朝起きた直後や空腹時、緊張した時などに口臭がすることがあります。
これは、唾液が減少している為に口の中の細菌が増殖することが口臭の
原因であるので、歯みがきや食事をしたりする程度の対策で充分です。
したがって、これも病院での治療は必要ありません。


最後に病的口臭です。

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病などが原因で口臭を発する場合もあります。

しかし、病的口臭の原因の9割以上は口の中にあります。

歯周病、むし歯、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、義歯汚れなどが上げられます。

こられが原因の場合は、病院での治療などの対策の他、日頃からの予防が必要です。

口臭の対策として、最近はケアグッズなどがたくさん販売されています。

サプリメントや胃腸薬、口臭チェッカーなんてものまでありますが、まずは自分の口臭の原因をつきとめた上で、それに適した対策を取ることが基本です。

口臭の原因で最も多いのは口腔内疾患(虫歯、歯周病などが原因の口臭)とです。
虫歯になっていないか、歯周病になっていないかを、歯科医院で診てもらうとよいでしょう。

日頃から口の中を清潔に保てるように丁寧な歯磨きを心掛けることは勿論ですが、定期的に歯科に通い、歯石除去や歯周病を受けるようにしましょう。

口臭を予防するには、口の中を清潔にすることが第一です。
歯磨きをしないで臭うなんて言うのは論外ですが、毎食後しっかりと磨いているつもりでも、口の中の汚れは落とし切れるものではありません。

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどを使って隅々まで丁寧に磨くことによって取れるのは、歯の汚れです。

実は、口臭の原因は、歯よりも舌のにおいの割合が大きかったりします。
舌ブラシなどを使って、舌苔を除去しましょう。

義歯(入れ歯)の方は、その清掃も絶対です。


そのように毎日自分でケアしても、取り切れない汚れや歯垢は残ります。

ですから、歯周病やむし歯のチェックの為ばかりではなく、口臭の予防の為にも、歯科医師や歯科衛生士による定期的な口の清掃を行ってもら必要があるのです。