ldl ( 悪玉 ) コレステロール と hdl ( 善玉 ) コレステロール の
バランスを保つことが大切

コレステロールの話になると、コレステロール値が高いので食事を控え
なければならないと考えている方が多いようです。

脂肪の多い食品や食材、カロリーの摂り過ぎで、肝臓が必要以上の
コレステロールを作り出してしまう方、
コレステロールの多く含まれる食べ物によって、コレステロールのバラ
ンスが崩れ、血中のコレステロール値が高くなってしまい、結果として
高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こしている方が
増えていることは確かです。

コレステロールを下げることを気にされている方の中には、見方を間違
えて、コレステロール値のが基準値(正常値)内であるにも関わらず、
コレステロールを下げる必要があると気にし過ぎている方もいます。

コレステロール値は、その時々で増減します。
コレステロール値が基準値内である場合には、全く気にする必要はあ
りません。

コレステロールは、それそのものが悪いわけではありません。
ldl ( 悪玉 ) コレステロール と hdl ( 善玉 ) コレステロール があり、そ
れらのバランスを保つことが、大切なのです。

血液中に含まれる ldl ( 悪玉 ) コレステロール と hdl ( 善玉 )
コレステロールの総量が, 総コレステロール です。

ldl ( 悪玉 ) コレステロールには、コレステロールを体内に供給する
役割がありますが、増加し過ぎると血管に溜まって動脈硬化を進行
させてしまいます。
中性脂肪が増え過ぎは,ldl ( 悪玉 ) コレステロール が増える原因と
なります。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)hdl ( 善玉 ) コレステロール
は、体内に蓄積されたコレステロールを排出し、動脈硬化を予防します。

コレステロールは, 食品 , 食材 , 食べ物 からしか摂取出来ないわけで
はなく、体内 - 主に肝臓 - で作られる方が多いのです。

一日に必要なコレステロールの約8割もが肝臓をはじめ体内で作られ
ており, 食品 , 食材 , 食べ物 から摂取するコレステロールは約2割に
過ぎないのです。

肝機能が弱ってしまえば、コレステロールを処理することは出来ません。
肝臓の機能が低下すると、処理出来なくなったコレステロールは血中に
溜まり、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまいます。

タウリンを多く含む食品は、肝機能をアップさせでくれます。
タウリンは、魚介類に多く含まれます。

イカ、ホタテ、牡蛎などの食材は、肝機能をアップさせ、コレステロール
を処理する能力を高める働きがあります。

魚介類が中心の食べ物で、肝機能を上げるようにするとよいでしょう。