抜け毛、薄毛の悩み | 育毛 , 植毛

「はげ」と言ってしまうと身も蓋もないですが、抜け毛 薄毛や薄毛で悩んでいる人はたくさんいます。

テレビコマーシャルにも見られるように、女性でも薄毛に悩む人は少なくありません。

はげの悩みは、男性ばかりではないのです。
女性の場合は、はげではなく薄毛ですが ・ ・ ・ 。


抜け毛の原因は、人によって違います。

最も大きな原因は、頭皮を不潔にしていることですが、生活のストレスが原因で抜け毛を起こしている人も多いと言われています。

不潔にしている人は論外ですが、頭皮のへ負担については、心掛け次第で軽減出来できます。
清潔と健康を保ち、抜け毛を防ぎ、今ある髪の毛を死守していきましょう。


一日の抜け毛の数は、一年を平均すると実に毎日80本前後と言われています。
秋では、一日の抜け毛の数は120本前後にもなります。

そんなに抜けてしまって大丈夫なのだろうかと思うことかも知れませんが、抜け毛と同じ本数だけ、髪は生えて来ています。
生えて来る髪が抜け毛に追いつかなくなると、薄毛やはげになるわけです。


薄毛になったら育毛、はげになったら植毛が必要になります。
まあ、薄毛にならなくても日頃から育毛することは大切ですし、はげても気にしていない人は、植毛は必要ありませんが。


薄毛とは、髪が細くなったり、新たに生えて来る髪が抜け毛の本数に追いつかなくなったりして髪の毛が薄くなっている状態のことです。
中高年ばかりでなく、若い世代、最近では女性にも薄毛に悩む人は増えています。

薄毛の原因は、遺伝やストレス、食生活や生活習慣の乱れ、男性ホルモン過多などがあります。

薄毛の対策としては、もっともとっつきやすいのが、育毛剤の使用や、シャンプーを変えることでしょう。
ほとんどのシャンプー、リンスにはシリコンが入っていますが、このシリコンは毛穴を埋めてしまうので、要注意です。

健康的な食事をし、規則正しい生活習慣を身に付け、少々高くてもノンシリコンのシャンプーを使うい、育毛に励みましょう。


育毛とは、現存している髪の毛を育てることです。 字のままですね。

生えている髪を太く長く成長させると共に毛根を丈夫にすることですから、当然死んでしまった毛根に対して育毛は出来ません。

育毛とは、髪が本来の寿命よりも早く抜けてしまわないように、また、髪の環境を整え毛根や頭皮を健康に保つことです。
はげになってしまったら、植毛しかありません。


男性特有の脱毛症は、AGA と呼ばれています。

AGA とは Androgenetic Alopecia の略で、主に30~50代の男性に多くみられます。
薄毛や抜け毛に悩む男性のほとんどがAGAであるといわれています。

AGA はヘアサイクル(周毛期)のうちの成長期が短くなる影響で、前頭部と頭頂部の髪が薄くなるのが特徴です。
つまり、まだはげではありません!毛根は生きています!
今からでも育毛に励んでください。


植毛とは、はげてしまったり抜け毛が進行して薄くなった部分に髪の毛を植える治療のことです。
自分の髪の毛を植毛する自毛植毛と、人工毛髪を使用する人工毛植毛があります。

自毛植毛は、後頭部や側頭部に残っている髪の毛を薄くなった部分に移植します。
最近では、後頭部の髪を頭皮ごと切除して他の部分に移植する施術もあります。

人工毛移植は、ポリエチレンや塩化ビニルなどの化学繊維から作られた人工毛髪を使います。
自分の毛ではないので、増やしたいだけ毛を植えられます。


植毛とは違う方法に、増毛というものがあります。
増毛とは、自毛に人工毛を結びつけたり、人工毛髪を結着させた細い糸を自毛の中に紛れ込ませたりする方法です。
頭皮に自毛や人工毛を植えつける「植毛」とは違います。


薄毛、抜け毛の悩みは、年齢・性別を問わずに増加傾向にあります。
中でも中年~更年期にかけての女性に薄毛や抜け毛で悩んでいる人が多いようです。


女性の薄毛、抜け毛の原因とし特に考えられるのが、ストレスなど生活習慣に関係する乱れだといわれています。

また、中年~更年期の女性の場合は、主にホルモンバランスの崩れが薄毛、抜け毛の原因の一つです。

生活習慣を改善したりストレスを溜めないような工夫をすることも大切ですが、最も簡単な改善方法はヘアケアです。
シャンプーやトリートメントをノンシリコンのものに変えるとか、自分の頭皮に合った育毛剤を使うなど、女性の場合は、ちょっとしたことで薄毛が改善したという方も少なくありません。

男性の場合は、はげる・はげないという問題になりますが、女性の場合は、髪にボリュームがあるかないかという問題ですので ・ ・ ・ 。