多汗症,腋臭(わきが=ワキガ)の原因と手術などによる治療

多汗症とは、自律神経の一種である交感神経が正常に働かず、必要以上
に汗が出たり、暑さを感じていないのに発汗したりする症状です。

ストレスやホルモンバランスの異常、内科疾患や遺伝など、多汗症の
原因は様々です。

多汗症は、全身に発汗量が増す「全身性多汗症」と、特定の部位のみに
大量の汗をかく「局所多汗症」に分類されます。

多汗症で分泌異常を起こす「エクリン腺」と呼ばれる汗腺は全身に分布
しています。
特にワキの下、手のひら、足の裏は、エクリン腺が多く分布している為、
局所多汗症がよく起こる部位です。

ワキの多汗症の場合、臭いはあまりなく汗の量だけが異常に多い場合と、
腋臭=わきが=ワキガを併発している場合があります。

腋臭=わきが=ワキガとワキの多汗症は、原因も分泌している汗腺も異な
ります。症状としては区別されますが、治療法は同じです。

腋臭=わきが=ワキガとワキの多汗症を併発している場合でも、一回の
手術で同時に根治することができます。

ワキの臭いと汗は、大汗腺(アポクリン汗腺)と小汗腺(エクリン汗腺)
の2種類の汗腺が関与しています。

アポクリン汗腺は、主に体毛のある部位の皮下に多く分布します。
アポクリン汗腺は、粘っこい汗を分泌し、鼻を突く下着の黄ばみやわきが
(ワキガ)の臭いの原因となります。

アポクリン汗腺から分泌される汗には、尿素、脂肪、アンモニア、鉄分、
蛍光物質、色素などが含まれます。
汗が乾燥した後に、ベトベトしたニカワ状に変化して、独特で強烈な臭い
を発します。

エクリン汗腺は、全身に分布しています。
エクリン汗腺は、比較的サラサラした汗を大量に分泌し、体温を調節する
役割を担っています。
エクリン汗腺の汗は、自律神経(交感神経と副交感神経)によって制御
されています。
ですので、エクリン汗腺は、人が暑さを感じた時のみならず、辛い食べ物
を食べたり、緊張(ストレス)を感じたり、恐怖を感じたりした場合にも
汗を分泌します。

汗の分泌量が多いと、ワキの臭いも、当然、より広範囲に拡散します。
ポクリン汗腺とエクリン汗腺のどちらもが、腋臭=わきが=ワキガに関与
していると言えます。

腋臭=わきが=ワキガや汗は、簡単な手術で治療出来ます。

手軽でメスを使わないワキガ・多汗症治療をはじめ、ニオイや汗の原因
を根本から取り除く治療まで様々な治療法があります。

自分の希望や症状、また生活環境に合った治療法を選択してください。