ニキビ・ニキビ跡の治療とスキンケア

ニキビは、赤く腫れ、痛みを伴う肌の炎症のです。
ひと口にニキビと言っても、出来た場所や状態によって分類されます。

ニキビは、赤く腫れた状態からさらに悪化してしまうことがあります。
ニキビが悪化してしまうのは、アクネ菌が炎症を引き起こす為です。

つまり、ニキビは毛穴にできる炎症です。
毛穴の中に残った古い角質などが皮脂の出口を塞いでしまった状態で皮脂の分泌が行われる為、中でアクネ菌が増えて炎症につながります。

アクネ菌は誰の肌にでもいる常在菌で、ブドウ球菌と並んで肌には最も多く存在している菌です。
アクネ菌は、皮脂が多い部分 ・ ・ ・ 顔、胸、背中などに多く存在しています。

背中ニキビに悩む人が多いのは、この為です。

ニキビの原因は、ホルモンバランスの崩れなどがあります。
ホルモンの分泌は、皮膚を正常に保つ上で重要な役割を果たしています。

ホルモンバランスが崩れてしまうの原因は、色々あります。

まず、思春期です。
思春期は、性ホルモンのバランスが突然変化してしまう時期です。

肌の新陳代謝に大きく影響を及ぼす男性ホルモンが活発になります。
肌の新陳代謝が正常に行われなくなる為、古い角質が正常に剥がれ落ちずに毛穴に残り、これがニキビの原因になります。

ストレスもホルモンバランスの崩れを引き起こします。

乱れた食生活や睡眠不足が続くと、男性ホルモンを過剰に分泌します。
その為に肌の新陳代謝が正常に行われなくなり、ニキビの原因の原因を作ってしまいます。

特に大人ニキビと呼ばれるものは、環境やストレス、生活習慣などの影響で起ることが多いと言われています。

大人ニキビは、背中に出来やすいのですが、大人ニキビと言うものは、ニキビ跡やしみを作ってしまうことが多いのです。

大人ニキビは、同じ場所に出来ることが多いからです。


同じ場所に何度も背中ニキビが出来ると、ニキビ跡になり、女性の場合はとても気になります。

ニキビ跡とは、ニキビが出来た所が赤くしみのように残ったり、肌の表面がクレーター状になってしまうことです。
ニキビ跡の赤みやクレーターは改善するのに時間掛かり、治療しないと一生跡が残ったりしてしまうので、ニキビの最大の悩みと言えます。


女性の場合では、生理前にニキビが出来てしまうケースが多いようです。

排卵後は、男性ホルモンに似た黄体ホルモンが多く分泌されます。
黄体ホルモンが過剰に分泌されると、生理前に体調を崩したり、肌の新陳代謝が正常に行われなくなってしまい、ニキビにつながります。

また、間違ったスキンケアや化粧品との相性がニキビの原因になったりもします。
これらも肌の新陳代謝に影響を及ぼしてしまうからです。

ニキビが出来てしまった肌は、正しくケアをしないとニキビ跡が残ってしまいます。
そうなったら大変です。特に女性の場合は。
ニキビやニキビ跡を作らない為にも、ニキビ対策に気を配った上で化粧品を選ぶようにしょう。

化粧水は、アミノ酸やセラミドなどが含まれたものを選ぶとよいようです。
皮脂を取り除き肌がパサつかなせい効果があると言われているからです。

クリームは皮脂を抑え、紫外線防止効果のあるものを。

また、美容液はセラミドやビタミンCが配合されているものがよいでしょう。

このサイトが、あなたのニキビケアの助けになれば、幸いです。