トップページ > ニキビの原因


ニキビの原因をつきとめ、ニキビ,ニキビ跡の対策や治療方法を知りましょう。

ニキビは思春期以降、多くの人が経験する皮膚の疾患です。

ニキビが出来てしまうのには、様々な原因があります。

まず、場所別に見てみましょう。

おでこニキビ・額ニキビの原因は、皮脂分泌が過剰になり毛穴がつまることです。

顎ニキビは、大人になってから出来ることが多いニキビです。
顎ニキビに代表される大人ニキビが女性のに多いのは、ストレスの増加などが原因で、男性ホルモンの分泌量が増えてしまうことも大きく関係しています。

背中ニキビの原因は、根本的な肌質と肌が乾燥して硬くなっているのに加え、脂線が顔より大きく活発で脂を作る能力が強い為です。

様々なニキビの原因は、季節の変化による乾燥した空気や肌の汚れ、肌に合わない化粧品の影響など、外部からもたらされる原因や、ホルモンバランスの崩れや食生活によるもの、ストレスや睡眠不足など、内面から現れる原因など実に様々です。

例えば、紫外線、食生活の乱れ、睡眠不足などの要因がひとつあっただけでは、必ずしもニキビが出来てしまうというわけではありません。
ニキビは、外的な原因や内的な原因が複雑にからみ合ったことが原因で出来るものです。


ニキビの予防や治療をするにあたって大切なのは、ひとつの要因に限定して対処すればよいということではないことです。

アクネ菌、活性酸素、毛穴のつまり、紫外線、ホルモン、脂肪分や糖分、食生活、睡眠不足、ストレス、生理とホルモンバランス、体質、肌への刺激、皮脂の分泌、便秘 ・ ・ ・
これらの原因で、あなたに当てはまるものには、すべてに対策を取り治療しなければなりません。

また、年齢によっても、ニキビの原因とニキビの治療方法は違って来ます。

ニキビは、思春期に起こるばかりではなく、大人になってから起こるものもあります。
いわゆる大人ニキビといわれるものですが、この大人ニキビはストレスが原因のひとつになっています。

場所別のニキビの原因と治療方法については「ニキビの場所と治療方法」で、大人ニキビについては「ニキビの種類と治療方法」で、それぞれ詳しく説明して行きます。

ここでは、アクネ菌、活性酸素、毛穴のつまり、紫外線、ホルモン、脂肪分や糖分、食生活、睡眠不足、ストレス、生理とホルモンバランス、体質、肌への刺激、皮脂の分泌、便秘など、ニキビそのものの原因と治療方法について説明して行きます。

ニキビは悪化するとニキビ跡として残ってしまいます。

ニキビ跡とは、ニキビが出来た後の赤みがシミのように残ってしまったり、肌の表面がクレーター状になってしまうことです。
ニキビ跡の赤みやクレーターは改善するのに時間が掛かります。
また、放っておくとニキビ跡が残ってしまうので、しっかり治療しなければなりません。

敵(ニキビ)をやっつけるには、まず敵(ニキビ)を知ることです。
ニキビの治療の前に、ニキビの原因を知りましょう。