トップページ >ニキビの原因> アクネ菌


アクネ菌

アクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス)とは、ブドウ球菌と同じように誰もが持っている菌です。
アクネ菌が最も多く存在するのが皮膚です。

アクネ菌は主に「皮脂を好む」「酸素を嫌う」という性質を持っています。
この性質がニキビを発症させ、悪化させる大きな原因になっているのです。

アクネ菌は皮脂を大変好みます。
ですので、皮脂分泌量が多い部位に多く住み着いています。

 顔 背中 胸 です。

これらの部位にニキビが出来やすいのは、皮脂分泌量とアクネ菌が大きく関係している為です。


皮脂や汚れなどが詰まった毛穴の中でアクネ菌が増殖するとニキビの発症・悪化の原因となります。

ニキビの原因菌であるアクネ菌を抑制する方法としては、正しい洗顔を心掛けるのが一番の対処法になります。

しかし皮膚常在菌として存在するアクネ菌は、皮膚の酸性度を調整し、他の病原菌の進入や繁殖を抑制する働きもしています。
皮膚にとっては、ある程度なくてはならない存在だということです。

皮脂や汚れを落とす為とはいえ、過度な洗顔は、肌本来が備えている油分を取り過ぎてしまいます。
すると、皮膚はそれを補おうと、さらに皮脂を多く分泌しようとします。
ですので、洗顔のし過ぎには注意が必要です。

洗顔は、ゴシゴシこするのではなく、優しく洗う。 回数は日に2~3回・・といった具合です。

アクネ菌、皮脂のケアには、AHA酸配合のピーリング石鹸などがお奨めです。

また、皮膚科等で行うレーザー治療や光治療などは、アクネ菌を殺菌すると共に肌の皮脂分泌量を抑制し、ニキビの出来にくい肌へと作り変える効果があるとされており、最近、若い女性などを中心に注目が集まっているスキンケア療法です。