トップページ >ニキビの原因> 毛穴のつまり


毛穴のつまり

ニキビ・ニキビ跡が出来る原因として、皮脂の分泌量とホルモンバランスの関係が挙げられます。

皮脂の分泌量を決定する要因は、食べ物のバランスなど様々なものがありますが、最も大きく影響するのはホルモンバランスだといわれています。

特に、ニキビ・ニキビ跡の原因となる皮脂の過剰分泌 → 毛穴のつまり には、アンドロゲンに代表される男性ホルモンが大きく関係してきます。

アンドロゲンは、「男性ホルモン」「雄性ホルモン」とも呼ばれる男性の副性器の活性の刺激、男性性欲の発達、去勢後の男性性徴の衰退の阻止などの活性を示す物質の総称です。
通常はアンドロステロン、テストステロンなどの男性ホルモンを指します。

この男性ホルモンは、皮脂腺の発達や皮脂の合成に深い関わりがあり、アンドロゲンの分泌が活発になることは、皮膚の分泌量が増えることにつながります。
これが毛穴のつまり呼び、ニキビの原因となるわけです。


このようにニキビには男性ホルモンの影響が大きく影響しているわけですが、ホルモンバランスの崩れはニキビのみならず体調に大きな影響を及ぼします。

女性の場合、ホルモンバランスの崩れは生理周期と密接な関連があります。
排卵後、男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂の分泌量も増加します。

また、ニキビの原因であるホルモンバランスの乱れは、ストレスや食生活などの生活様式にも大きく依存します。
これら 皮脂の過剰分泌 → 毛穴のつまり の日常的な原因を軽減する事が、ニキビ・ニキビ跡の改善のポイントになります。


大人ニキビも一度出来てしまうと中々治り難く、悪化するとニキビ跡が残ってしまったりします。

思春期のニキビは、毛穴に皮脂がつまるのが主な原因のですが、大人ニキビはストレスから来るホルモンバランスの乱れや睡眠不足、食生活の乱れ、便秘、メイク、乾燥、紫外線など様々な要因が複雑に絡み合っています。
これらの要因は、肌表面の角質を荒らし、毛穴をつまりの原因になります。

つまった毛穴に皮脂が溜まると、大人ニキビの原因になります。

皮脂の分泌が少ない乾燥した肌にも大人ニキビが出来るワケは、これなのですね。