トップページ >ニキビの原因> 食生活


食生活

ニキビの原因のひとつとして、偏った食生活があります。
脂肪、糖質、炭水化物の摂り過ぎです。


脂肪分の多い食べ物や刺激のある食べ物を食べ過ぎてしまうと、皮脂の分泌が過剰になり、ニキビの原因となります。


炭水化物の摂り過ぎもニキビの原因となりますので、注意が必要です。
米やパン、麺類などの炭水化物は消化されると糖分に分解されます。
その糖分は脂肪分となり体内に蓄えられてしまいます。

炭水化物の過剰摂取は糖質の過剰摂取につながり、ニキビの直接の原因と言える、皮脂の分泌量を増やす結果になります。


ケーキやチョコレートなどの甘い食べ物やスナック菓子、インスタント食品など脂肪分の多い食べ物は、すべて皮脂の分泌量を増やすことになり、ニキビの原因となります。


辛い食べ物も血行を促進することにより、ニキビの炎症を悪化させる場合があります。


お酒もニキビの原因となります。
お酒を呑むと、ビタミンBを大量に消費します。
ビタミンBは、糖や皮脂の代謝を促す栄養素です。
飲酒により、これを沢山消費することになるので、それがニキビの原因になります。


ニキビ予防には、バランスの取れた食生活が大切です。
脂肪、糖質、炭水化物、辛い食べ物は一切ダメと言うわけではありませんので、摂り過ぎないように注意しましょう。

ニキビ予防には、肉類よりも魚介類が良いでしょう。
魚介類に含まれるDHAやEPAは、血液をサラサラにして動脈硬化の予防や中性脂肪の低下に効果があります。
中性脂肪が多めの人、ニキビで悩んでいる人は、進んで摂取するようにしましょう。


ニキビ予防に効果のある栄養素には、ビタミンA類、B2・B6類、C類などがあります。

ビタミンAは、ホルモンの分泌量が大きく影響すると言われている、顎(あご)のニキビに効果があります。

ビタミンB2は、皮脂の分泌を促す脂質を抑える効果があります。
ビタミンB6は、皮脂の分泌量をコントロールすることが出来ます。
ビタミンCは、肌の再生を助ける効果があります。

これらの栄養素を体内に取り入れるには、主として緑の野菜を食べることです。


ビタミンB2は、アミノ酸や炭水化物、脂質の働きを促し、皮膚や粘膜の新陳代謝を助けます。
ブロッコリ、ホウレン草、キュウリなどの緑黄色野菜、ウナギ、鯖、レバー、豚肉、納豆などに多く含まれます。

ビタミンB6は、皮膚の健康を保つ栄養素です。
イワシ、マグロ、卵、レバー、鶏肉などに多く含まれます。

ビタミンCを多く含む食品は、皮膚の老化を防いだり、ニキビ後の色素沈着予防になります。
ブロッコリー、ピーマン、トマトなどの緑黄色野菜や、蜜柑やイチゴ、ブルーベリー、葡萄などの果物に多く含まれています。