トップページ >ニキビの原因> 生理とホルモンバランス


生理とホルモンバランス

皮脂は、皮膚を保護する為に分泌されています。
皮脂の分泌量は、ホルモンによりコントロールされています。

ニキビに大きく影響するのは、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンと、黄体ホルモンという女性ホルモンです。
これらのホルモンバランスが崩れが、ニキビ発症の原因となります。


生理前に急にニキビが出来たり、ニキビの数が増えたり悪化したりする女性は多く見られます。

生理前のニキビの発症や増加・悪化の原因も、ホルモンバランスの崩れにより皮脂量が増えることにあります。
排卵後から次の生理までの間に増える黄体ホルモンが、皮脂の分泌を増やすからです。

逆に、排卵前に増える卵胞ホルモンは、皮脂の分泌を抑えるほうに働きます。


女性ホルモンの分泌と月経周期の関係を見てみると・・・


生理から排卵期までは卵胞ホルモン(エストロゲン)が多く分泌され、
排卵後から次の生理がまでは黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌される

と言うことになります。

生理の前になると肌が荒れたりニキビが出来たりするのは、プロゲステロンに皮脂の分泌やメラニンの生成を活発にする働きがある為です。

生理前は肌のトラブルが起こりやすく抵抗力が衰えているので、保湿ケアをして、乾燥や紫外線に気をつけるようにしなければなりません。