トップページ >ニキビの原因> 思春期のニキビとホルモン


思春期のニキビとホルモン

思春期にニキビが出来る人が多い理由は、ニキビの原因には男性ホルモンの関わりが大きいからです。

思春期には、男性ホルモンにより皮脂の分泌が活発になります。
皮脂の分泌量が多くなると、肌は脂っぽく汚れやすくなり、毛穴には汚れや皮脂が溜まりやすくなります。

すると、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖する条件が整ってしまい、結果、ニキビを発症することになるわけです。


また、男性ホルモンは皮膚のターンオーバーにも関わっていると言われています。
ターンオーバーとは、4週間の周期で新しい皮膚へ生まれ変わる、皮膚の新陳代謝のことです。

男性ホルモンは、フケや垢となって剥がれ落ちる筈の古くなった細胞を、剥がれ難くしてしまうと言う訳です。
すると、剥がれ落ちるはずの古い細胞が毛穴をふさぎ、ニキビが出来る原因になります。

男性ホルモンは男性にしか関係ないと思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
男性ホルモンは性別は関係なく存在し、思春期には多めに分泌されます。


男性の方がニキビになりやすいとは言われていますが、女性には生理と言うものがあり、生理周期によるホルモンバランスの変化は、女性のニキビと大きく関係しています。

生理前の時期を「黄体期」と言いますが、この時期に女性ホルモンの「黄体ホルモン」というのが分泌されるようになります。
黄体ホルモンは男性ホルモンのような働きをするので、黄体ホルモンが増えることにより皮脂の分泌が活発になります。
これが影響してニキビが出来るのですが、この時期はホルモンバランスの乱れにより、ニキビなど肌のトラブルの他外にも、頭痛などの症状が出ることもあります。