トップページ >ニキビの原因> 睡眠不足


睡眠不足

睡眠は、ニキビ予防の為には大切です。
皮膚への栄養は、睡眠している間に供給されるからです。
充分な睡眠が取れないと、健康な皮膚を作ることが出来ないので、睡眠不足はニキビができる原因のひとつになってしまいます。

充分な睡眠時間が確保出来ていれば肌の良いかと言うと、そうでもありません。
皮膚の新しい細胞は22時~2時くらいの間に最も多く作られます。
出来るだけその時間帯に睡眠状態になれるような生活習慣を獲得するようにしましょう。

例えば、午前2時に布団に入り、翌朝10時に起床したとすれば、睡眠時間は8時間で充分なのですが、皮膚の新しい細胞が作られる時間帯には睡眠中ではないので、肌の為には良くないと言うことになります。


規則正しい生活は肌の新陳代謝を高めることにも繋がります。
ニキビの原因となる肌の新陳代謝の崩れを予防出来ます。

「規則正しい生活」には、「早寝早起き」も含まれます。
なるべく22時までに就寝出来るように、生活を工夫しましょう。

早寝早起きをすることで肌が充分に休養を取り、ニキビを予防することになります。

充分な睡眠とは、脳が寝ている状態を作ることです。

睡眠時間をたっぷり取っても、脳が起きている状態では疲労感も取れません。
朝もスッキリとした目覚めを迎えることが出来ません。

脳が寝られる状態を作るために、就寝前に刺激のあることや興奮状態になることを避け、ゆったりとした気持ちで寝られるようにしましょう。