トップページ >ニキビの原因> 脂肪分や糖分


脂肪分や糖分

ニキビの改善を考える上でも、食生活の見直しは大切なポイントです。

スナック菓子や甘いチョコレートなどのお菓子、糖分の多いジュースなどを食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまった翌日に、ニキビが出来てしまったと言う話はよく聞きます。


ニキビが出来る原因には、皮脂の分泌が大きく関わっています。

甘いお菓子には、多量の脂肪分や糖分が含まれています。
食べてしまった脂肪分や糖分は、身体に入り消化吸収されると、ニキビの原因になる皮脂を多く分泌させます。
過剰な脂肪分や糖分を取った時の皮脂は通常の皮脂とは異なり、ニキビが出来やすい性質も持ちます。


脂肪分や糖分を必要以上に摂取してしまうと、それだけで満腹になってしまうこともあります。
すると、夕食の時間になってもあまりお腹が減らない為、しっかりと栄養のある食事を取ることが出来ず、ビタミンやミネラルの摂取量が減り、栄養のバランスが崩れてしまいます。

ニキビの予防にはビタミンAやビタミンB類、ビタミンCを摂取することが有効です。
おやつを食べてしまい空腹にならず、食事をおろそかにすることで、これらの栄養が摂取することが出来ず、ニキビを作る原因になってしまいます。



スナック菓子の摂り過ぎは、身体全体の健康にも悪い影響を及ぼします。

食事が偏ってしまうと、食物繊維や炭水化物の摂取量も減ってしまうので、便秘の原因にもなります。

便秘は、便が長期に腸に留まることにより、有害な成分を腸から再吸収してしまいます。
すると、毒素が身体に回ってしまい、肌荒れの原因になります。
当然、ニキビケアにはマイナスです。

毎日のお通じも、ニキビを改善する為の大切な要素です。
偏った食事や乱れた食生活を改め、食物繊維を多く含む野菜類を沢山食べるように心掛けましょう。