トップページ >ニキビの原因> 紫外線


紫外線

紫外線は、肌の健康や美容という観点から見ても悪影響があるのはもちろんですが、実はニキビにも悪い影響を及ぼします。

ですが、あまり紫外線がニキビの原因になるとは聞きませんね?

実は、紫外線は、ニキビそのものではなく、ニキビに炎症を起こし悪化させる原因となるのです。

ニキビの炎症の原因は、アクネ菌が排出する老廃物に紫外線が当たる事によって発生する活性酸素です。


紫外線を浴びるとニキビの毛穴の中に溜まっている皮脂は酸化を起こし、活性酸素も発生することになり、ニキビの炎症 → 悪化に繋がります。

という事は、アクネ菌が大量に発生しても、紫外線に当たらなければニキビの炎症は防ぐ事が出来、ニキビが出来ても比較的軽症で済むと言うことになります。


また、紫外線の影響でメラニンが増えると、ニキビ跡がシミになりやすくなってしまいます。
このように、紫外線は肌にとってもニキビにとっても悪影響を及ぼす存在なのです。

夏期は特に気をつけるべきですが、それ以外の季節でも思っているより紫外線の影響は大きいものがあります。

紫外線を防ぐには、まず第一にUVカットの化粧品を使うことでしょう。

化粧は毛穴がつまるからニキビに悪いと思われがちですが、実は、紫外線をカットする為には化粧は積極的にした方が良いのです。
日本の化粧品は大変優れていますので、気に入ったUVカットの化粧品を選ぶと良いでしょう。

また、外出する際には帽子や日傘、長袖の上着で紫外線を防ぐ気配りも必要です。


紫外線がニキビに良くない理由は、紫外線の種類にはUVA波というのがあって、これが肌の奥まで達し、肌に張りや弾力を与えているコラーゲンやエラスチンに悪い影響を及ぼすことです。

また、紫外線はビタミン類を壊す為、ニキビが出来やすい状態を作ってしまいます。

太陽光は人間に様々な恩恵を与えてくれています。

カルシウムを吸収する時に必要なビタミンDが体内に生成されたり・・・
アクネ菌のポルフィリンに光が当たるとアクネ菌が死滅したり・・・
と、身体に良いところも多いのです。

が、紫外線には気をつけなければなりません。
紫外線対策は、そのままニキビ予防、ニキビケアに繋がります。