トップページ > ニキビの種類と治療方法


ニキビの種類とそれぞれの治療方法

大人ニキビの症状は、4つの段階に分けられます。
白ニキビ → 黒ニキビ → 赤ニキビ → 黄ニキビ・化膿ニキビです。



白ニキビは、肌にポツンと出来る白っぽいニキビです。

白ニキビは、毛穴の入口の角質が厚くり閉じた状態となり、表皮の外に出られなくなった余分な脂分が溜まった結果出来ます。
白ニキビを放置していると重症化し、赤ニキビなどの原因になるので、早めに手を打ちましょう。



黒ニキビは、白ニキビ同様、毛穴が詰まってしまうことにより発症します。

毛穴に詰まった皮脂が毛穴を押し上げて開かせると、空気中の酸素と結びついて酸化します。
その結果、黒ずんだ状態のニキビが、黒ニキビと呼ばれているものです。

新陳代謝が活発な人や脂性の肌の人、メラニン色素が多く集まる場合に出来やすいニキビです。
洗顔などのスキンケアで治すことも可能です。



赤ニキビは、皮脂や汚れにより塞がれた毛穴の中でアクネ菌が増殖した結果、毛穴に炎症が起こり、赤く腫れ上がって出来るニキビです。

症状が進行すると、つまった毛穴の周りの組織にまで炎症が及び、膿が出たり、痛みを伴うこともあります。



黄ニキビは、赤ニキビが進行し、毛穴の周りの組織から真皮に至るまでの炎症を起こして化膿、やがて、真皮内に膿が溜まり大きく腫れたもので、正式には「硬結性座瘡」と呼ばれています。
症状が進むと黄ニキビが膨らんで破裂し、痛みを伴うこともあります。

黄ニキビは、治癒してもニキビ跡が残ることがあります。



紫ニキビは、他のニキビよりも大きい、紫色のしこり状のニキビです。

紫ニキビを触ってみると、ゴリゴリとした手触りで、中には膿や血が溜まっています。

炎症を起こしているという点では赤ニキビと同じですが、紫ニキビは赤ニキビも奥深くの方で炎症を起こしていて、場合によっては真皮の部分にまで拡がっています。
真皮はターンオーバーもありませんので、紫ニキビで傷つけられたら、ほぼ確実にニキビ痕になってしまいます。

紫ニキビは「結節性ニキビ」とも言われており、ニキビの中でも重症なものなので、皮膚科などの医療機関へ治療に通うことをお奨めします。



化膿ニキビは、赤ニキビ(ニキビ)が更に化膿して膿がたまった状態です。

黄ニキビと区別がつきにくいのですが、正式には膿疱性ざ瘡(のうほうせいざそう)と言います。
原因は、皮脂の分泌だけではなく、メイクの洗い残し、過剰な洗顔やスキンケアなどがあります。



思春期のニキビは、顔にちらばった形で出来ます。

スキンケアや化粧品の影響を大きく受けることが特徴です。
春から夏にかけて、脂性の肌の人に出来やすいようです。

思春期のニキビに対しては、肌を清潔に保つことが重要です。