トップページ > ニキビの種類と治療方法 > 大人のニキビ(大人にきび)


大人にきびの原因と治療方法 / 大人にきびの跡の改善

大人にきびとは、10代を過ぎ20代前半から30代にかけて発症するニキビです。

ニキビは、男性ホルモンの分泌が盛んな思春期に出来やすいものという見方が一般的ですが、最近では、思春期には出来なかったニキビが、大人になってから初めて出来たというような方も増えています。

思春期は、身体の成長の過程において皮脂の分泌が活発になる時期です。
過剰に分泌された皮脂は、肌の表面上でアクネ菌を増殖させます。
それと共に、汚れや皮脂で毛穴が詰まったりすることが原因で皮膚が炎症を起こし、それがニキビとなります。

思春期のニキビは原因が特定しやすい為、治療は比較的簡単です。

しかし、大人にきびは、原因が多岐に渡っているので、治療方法は複雑になります。

皮脂の分泌も落ち着いた大人になってからの二キビは、皮脂の過剰な分泌が原因の思春期のニキビと異なり、原因が複雑で、治療も困難です。



大人にきびの治療方法は様々です。
ピーリングによる治療、ビタミンCによる治療、病院での治療、フォトシルクプラスによる治療、フォトフェイシャルによる治療、レーザー治療、漢方による治療などがあります。

治療方法は様々ですが、自分の肌の状態や仕事の時間帯など、暮らしの状況を考えた治療を選択するようにしましょう。
それぞれの治療方法には、メリットやデメリットも存在しますので、自分に合った治療方法を探すことが重要と言えます。

ニキビの治療方法では、ニキビ治療薬を塗布するのが主流です。
今日では、ニキビの治療薬も効果の高いものが多々販売されており、自宅でも治療をすることが出来ます。

ケミカルピーリングなどの治療方法もあります。
特殊な薬剤によって肌の表面を溶かし、新鮮な新しい肌に生まれ変わらせる治療方法です。

ピーリングのメリットは、塗り薬による治療に比べ、治療の効果がすぐに実感出来るところです。
ですが、ケミカルピーリングなどのエステでの施術は、お金が掛かるというデメリットがあります。



大人にきびの跡は、大きくなりやすいのでやっかいです。
大人にきびはポツリと出来る小さなニキビではなく、他に出来るニキビよりもかなり大きなニキビだからです。

ニキビは、正しい治療を行うと共に生活習慣を改めることで改善されますが、ニキビ跡の改善には年月が掛かります。
ニキビ跡を作らない為には、まず大人にきびを早めに治療することが大切です。



大人にきびの主な原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れ、偏った食生活、睡眠不足などがあります。

特に、学生から社会人になった後に大人にきびを発症する人が多いようです。
これは、仕事のストレスや多忙による睡眠不足、帰宅時間が不規則な為に食生活が乱れることなどが原因です。


また、急激なダイエットや、加齢による肌のターンオーバーの乱れなども大人にきびの原因となります。


生理時のホルモンバランスの乱れも、大人にきびの原因です。
排卵期から次の生理が始まるまでの間は、皮脂の分泌が過剰になりやすい時期です。
また、卵巣や子宮などにトラブルを抱えている人も、大人にきびが出来やすいと言われています。


ニキビを気にして、強力な洗浄力を持つ洗顔料で洗顔している人は、多いのではないでしょうか。

洗浄力が強すぎる洗顔料は、肌に必要な油分まで落としてしまい、結果肌の乾燥を招くことになります。
洗顔後の保湿と適度な油分補給をしっかり行わないと、肌の乾燥が悪化して、大人にきびの原因になります。


大人にきびの原因としては、他にも冷え症や便秘などがあります。