トップページ > ニキビの種類と治療方法 > 大人のニキビ(大人にきび) > 大人にきびの原因


大人にきびの原因を知りましょう

大人にきびが出来る原因は、思春期に出来るニキビとは少し違います。

思春期の場合、性ホルモンのバランスの崩れによる皮脂の過剰な分泌が大きな原因です。

それに対して大人にきびは、角質層のバリア機能が低下した為に角質層が乱れ、毛穴を塞いでしまうのが原因です。


大人にきびの原因として、ストレスの影響や偏った食生活も大きな割合を占めています。

ニキビ予防の為には出来るだけべくストレスを溜めないことですが、大人には仕事があります。

実社会において、ストレスを全く溜めないで生活するのは、なかなか難しいかもしれませんが、なるべくストレスを溜めないような生活を心掛けるように努力すれば、ストレスの度合いも違って来る筈です。

肌はストレスに敏感ですので、大人にきびを造らない為にも、ひとつ生活に工夫をして、ストレスを溜めない様にしてみましょう。



最近は、日本人の食生活も欧米化して来ました。

栄養の偏った食生活は、ニキビの格好の餌食です。
脂肪分や糖分が多い食事ばかりを摂っていないで、出来るだけバランスの取れた食生活を心掛けるようにしましょう。



他にも生活習慣がニキビの原因になっているものには、睡眠不足も上げられます。

質の良い睡眠を取ることは、ストレス解消のひとつにもなります。
質の良い睡眠を取る為に、運動の習慣や食事時間など、やはり生活習慣に気をつけなければなりません。。



過剰な洗顔による肌の乾燥も大人にきびの原因のひとつです。

洗顔は、肌への刺激を少なくする為に、洗浄力の低いクレンジングや洗顔料、弱酸性の石けんを使うようにしましょう。

洗うときは、よく泡立て、指の腹でなでるように洗います。決してゴシゴシこすってはいけません。
洗い流す時は、熱いお湯は避け、ぬるま湯で丁寧に洗い流すようにしてください。

洗顔後は、保湿によるスキンケアも忘れずに。



女性の場合、このスキンケアがきちんと出来ていないことも、大人にきびの原因になります。

毎日のメイクをきちんと落とさないでいると、毛穴に汚れがつまって溜まります。
すると、肌の水分が足りなくなる為に乾燥を招くので、皮膚は皮脂を分泌させようと働きます。

皮脂の過剰な分泌は、大人ニキビのみならず、すべてのニキビの原因でしたね?



また、女性には生理があります。

生理前に、肌が荒れたと感じることはありませんか?

排卵後から生理直前までは黄体ホルモンが増加する為、肌の皮脂分泌が活発になります。
この黄体ホルモンは、男性ホルモンと同じような働きをします。
男性ホルモンは皮脂分泌を多くさせる働きがある為に、これに似た黄体ホルモンの増加は、この時期に大人にきびが出来る原因となるのです。


このように、大人にきびが出来る原因は、ひとつではありません。
複数の原因が絡み合った結果、大人にきびを引き起こします。

最も大きな原因は、生活習慣の乱れや、年齢による皮膚のターンオーバー機能の低下したですが、
他にも様々な原因があることを理解した上で、まずあなたの場合の原因を知ることによって、大人にきびを根源から治療して行く必要があります。