トップページ > ニキビの対策


洗顔やスキンケアによるニキビ対策・ニキビケア
ニキビ跡の消し方や改善方法

ニキビは今日では、思春期だけのものではなく、食生活の欧米化に伴い、大人でも大人ニキビに悩む人が増えています。
ニキビケア、ニキビ対策としてのスキンケアは、もう思春期だけではなく大人になっても必要なものとなっています。


大人ニキビは、今や成人女性にとって大きな悩みとなっていますが、ニキビケアがきちんと出来ている人は、意外な程少ないのです。
間違った治療方法の為に、かえってニキビを悪化させ、ニキビ跡として残ってしまうケースが大変に多くなっています。


このカテゴリでは、ニキビ跡消しやニキビ対策に悩む方のニキビケアについて、正しい治療方法や洗顔、スキンケア情報を発信し、ニキビのない美肌を目指して行きます。


ニキビ対策・スキンケアは、まず正しい洗顔からです。

多くの方がよくやる間違いは、


  • 一日にに何度も洗顔をする

  • 強力な洗顔料・クレンジングを使う

  • 洗顔の際に顔を強くこする

  • 冷たい水や、熱いお湯で洗顔をする
と言ったところでしょうか。



ニキビ対策・スキンケアの為の正しい洗顔方法は、


  • 毎日の洗顔は基本的に朝晩の2回

  • 洗顔料・化粧品は刺激の少ないもの(出来ればオイルフリー)を使う

  • 洗顔の際に過度な刺激を与えない

  • ぬるま湯で洗顔する

ことです。



顔に過度な刺激を与えると、肌の表面を覆っていて保湿クリームの役割をている皮脂膜を落としてしまいます。
皮脂膜がなくなることにより、皮膚の防御機能が低下して肌の免疫力が衰え、ニキビが出来やすくなったりニキビを悪化させたりしてしまいます。

思春期ニキビの場合は、多少刺激の強い洗顔料でも大丈夫ですが、大人ニキビの対策や日常のスキンケアの場合は、上記事柄を守るようにしましょう。
アブラ性の肌の方や、顔が汚れてしまった場合などは、朝晩の2回の洗顔の他は、汚れを落す程度の洗顔にしてください。



ニキビ治療の後にニキビ跡が残る人もいれば、まったく残らない人もいます。

ニキビ跡が残る人の理由は、肌にダメージを受けていることです。
ニキビが治りかかっているのに爪で潰したりすると、雑菌が侵入し、ニキビが治った後もニキビ跡が残ってしまうことになります。

ニキビのケアを始めるのが遅れたり、治療の後の処置が悪いと、ニキビ跡が残ってしまいます。
ひどいケースでは、肌がデコボコのクレーター状になったりすることもあるので、充分な注意が必要です。

早めのケアでニキビ跡を残さずに美しい肌を取り戻しましょう。



ニキビ跡を消すには、一日でも早いケアが必要です。

色素沈着を起こして茶色っぽいしみが出来た場合はメラニン色素の沈着と考えられます。
このメラニンは、長い時間を掛けて体外に自然に排出されます。

ですので、ニキビ跡を消すには、根気が必要です。
治らないと思ってあきらめることはありません。

ニキビを早く治そうと思うあまりニキビをつぶすなんて言うのは、全く逆効果です。

ニキビはストレスとも大きく関係しているので、まずは悩まず焦らす、心を平穏に保つことです。



ニキビ対策やニキビ跡消しの為には、それに合った化粧品やスキンケア製品を探すようにしましょう。
ニキビの状態や自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。


ニキビを悪化させない為に、紫外線から肌を守る対策も必要ですね?


スキンケアでの為には、ビタミンC誘導体やコラーゲンが含まれたローションを使用することをお奨めします。


また、疲れた肌の回復の為に、規則正しい睡眠時間確保するのも大切なことです。


ニキビ・ニキビ跡の症状が深刻な場合には、早めに皮膚科や専門医の診察を受けて治療することも必要です。


特に脂性肌の方は、皮脂が溜まることによりニキビが増えやすくなりますので、油分の多い食事を控えたり、正しく丁寧な洗顔を行うなどの「スキンケア」も重要です。