トップページ >ニキビの対策> 紫外線


紫外線

紫外線 は、主に大人のキビの原因になっています。

紫外線対策は、ニキビの対策ばかりではなく、肌荒れに対しても有効な対策です。

皮膚は紫外線を浴びると 活性酸素 が活発になり、ニキビの原因となります。

紫外線の影響による色素沈着は、ニキビ跡の原因にもなります。


紫外線によるニキビ対策としては、日傘や帽子を使うのが最も簡単な方法でしょう。

日傘は特にニキビ対策には有効です。
日傘は、白などよりも紫外線の透過率が最も低い黒に近いものを使う方が良い対策になります。

また、紫外線は様々な角度から差し込むので、それを防ぐ為には、遮光面積がなるべく大きいものがニキビ対策としては効果的です。

帽子の場合はツバが大きく、全周にツバのついたもの(キャップではなくハットですね)であれば、頬やうなじに当たる紫外線をカットすることが出来ます。

しかし、日傘や帽子は地面からの照り返しによる紫外線まではカット出来ません。
地面からの紫外線の対策としては、紫外線対策用の化粧品を利用する必要があります。

そのような化粧品は、一般に「紫外線防止化粧品」と呼ばれ、紫外線防止指数が表示されています。

UVカット化粧品には、SPFとPAというふたつの紫外線防止指数があります。


SPF・・・UV-β波を浴びた時、通常の肌より何倍日焼けしにくいかという目安を数値で表したもの。

PA・・・UV-α波をブロックする目安を最大3つまでの数値で表したもの。SPF値が高い化粧品の中には紫外線吸収剤が含まれているものが多く、長時間使いっぱなしだと刺激性やアレルギー性において悪影響が出る。


日常生活では、外出時も含めてSPF10~12程度あれば充分です。

紫外線吸収剤フリー、ケミカルフリー、ノンケミカルなどの表示があれば、より低刺激です。