トップページ >ニキビの対策> ビタミンC


ビタミンC

ビタミンCが美白効果や美肌効果があるということはよく言われています。
ビタミンCは、ニキビ対策としても有効です。


ビタミンCは、

皮脂の分泌 を抑制してくれ、

炎症を抑え、

酵素チロシナーゼの生成を抑制し、メラニン色素の生産を抑制し、

活性酸素 を中和させ、シミなどを作り難く

してくれます。


以上のようにニキビ対策に有効である他、ビタミンCには抗酸効果や小じわの解消への効果も期待出来ます。


ビタミンは人間の身体にとって必要不可欠な栄養素ですが、身体の中ではほとんど作ることが出来ません。
ですので、主に食事で摂取することになります。

人間の身体に必要なビタミンは、13種類と言われています。
ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりします。

体内でビタミンCが不足すると、壊血病と呼ばれる病気を発症したり、精神障害なども引き起こす場合があります。
壊血病とは、コラーゲンが作られなくなり血管が弱くなることで、体内のいろいろな部位で出血を起こす病気です。

肌にビタミンCが不足するとコラーゲンが作られなくなり、肌のハリや弾力を失います。
抗酸化力を失った肌は、シミやしわができやすくなり、いわゆる老化を招きます。


ビタミンには、水溶性のものと脂溶性のものとがあります。
ビタミンCは、別名「アスコルビン酸」と呼ばれる水溶性のビタミンです。

ビタミンCは、白色の板状または針状の結晶性の粉末で、水に溶けやすく、強い酸味が特徴です。
大変壊れやすく、酸とアルカリにも弱く、熱や光や酸素によっても破壊されてしまいます。

また、喫煙や過度な飲酒ストレス などといった日常的なことでもビタミンCはどんどん消費されてしまいます。

ビタミンCを多く含む食べ物には、アセロラ、イチゴ、柿、みかん、グレープフルーツといった果物や、赤ピーマン、ブロッコリー、イモ類などの野菜があります。