トップページ >ニキビの対策> 洗顔


洗顔

顔に出来るニキビ の対策としては、正しい洗顔をすることが大変重要です。


洗顔は、基本的には朝と夜の2回で充分です。

洗顔の目的は皮脂と汚れを取り除き角質の機能を良好な状態に保つことなので、洗い過ぎても良くないし、洗わないのも良くありません。
汗をかきやすい季節やスポーツをした日などには多少回数を増やす必要がありますが、洗顔回数が多過ぎると必要である皮脂まで洗い落としてしまうことになり、ニキビ対策としては逆効果になります。


洗顔の際に、あまり力を入れてゴシゴシこすって洗うのも考えものです。

力を入れ過ぎたり過度にこすってしまう洗顔は、肌を刺激します。
肌への刺激 は、ニキビの原因になります。
泡立てた石鹸で、優しく念入りに洗顔するのが良いと言われています。


洗顔する時の水の温度も大切です。

冷たい水で洗顔を行うと毛穴が収縮してしまい、毛穴の中の汚れや皮脂が洗い落とせません。
洗顔にはぬるま湯が、最も適切です。
ぬるま湯を使うことで、毛穴に限らず顔全体の汚れも落ちやすくなります。

ホットタオルで毛穴を開かせた後、ぬるま湯で洗うと、尚良いでしょう。



女性の場合、クレンジングを行って化粧をきれいに落とすのはいうまでもありませんが、化粧をしていると通常よりも肌は汚れやすいと言うことも意識して洗顔をするようにしましょう。
クレンジングで化粧を落とした後が、やっと洗顔なのだと憶えておいてください。

1回目は化粧や皮膚表面の汚れを除去するための洗顔(クレンジング)、
2回目は余分な皮脂や残ったクレンジングを洗い流すための洗顔・・・

と言ったダブル洗顔を心掛けてください。


洗顔には、ニキビ用のピーリング石鹸を使うのも有効な対策です。


そこまでやるか!・・・と言う感じですが、洗顔時にアルカリイオン水を使用するのも効果的です。
アルカリイオン水には 活性酸素 を減少させる働きがあるからです。