トップページ > ニキビの場所と治療方法


ニキビの出来やすい場所と場所別の治療方法

ニキビが出来る場所は様々です。
ニキビは顔にだけに出来るものではありません。

ニキビの出来やすい場所は、毛穴の大きさが皮脂の分泌量に見合わない場所と言えます。
勿論、この場所は人によって違います。

ニキビが出来る場所が人によって違う理由は、睡眠時間、洗顔の回数や方法、運動量や食生活などの違いです。
ニキビが出来る場所は、時間の食事が不規則であったり、動物性油脂の多いものを好んで食べるなど、複数の要因が相互に関連することにより個人差が出て来ます。

ニキビの出来た場所によって、ニキビの原因も大体分かって来ます。




(あご)やは、ニキビが出来やすい場所として知られています。

顎(あご)と首には、皮脂の分泌が多い毛穴が多く存在してます。
この場所は、男性ホルモンの働きが活発になるとニキビが出来くなります。

ですので、顎(あご)や首という場所は、男性にとってニキビが出来やすい場所と言えます。

ただ、顎(あご)や首は、女性の場合は生理前に出来ることがある場所とも言えます。



には、Tゾーンと呼ばれるニキビが出来やすい場所があります。
Tゾーンは、おでこからの頭にかけてのTの字の一帯のことす。

この場所には、皮脂線が密集している為に、他の場所よりも皮脂分泌量が多くなっています。
ニキビは皮脂が毛穴に詰まることが原因で出来るので、おでこ・額から鼻の頭にかけてのTゾーンは、ニキビの出来やすい場所と言えます。



おしりもニキビが出来る場所です。
おしりに出来たニキビは、オデキと勘違いしそうですが ・ ・ ・ 。

オデキとは、黄色ブドウ球菌が毛穴の奥にある毛包に入った為に炎症して化膿する症状です。
ニキビは、皮脂が毛穴につまることによって出来るものなので、別のものです。



ニキビが出来やすい場所として、に周りもあります。

口に周りにニキビが出来やすい人は、過食であったり、油分の多い食事やスナック菓子類を始終食べていて、胃腸が弱っている可能性があります。



頭皮もニキビが出来やすい場所として注意が必要です。

頭皮は、見ての通り毛穴が多い場所ですが、汗もかきやすくホコリも付きやすい場所でもあるので、毛穴が汚れでつまりやすいのです。



ニキビの出来る場所としては、は最もポピュラーな場所ですよね?

頬のニキビは男性ホルモンの働きが活発になる思春期のばかりではなく、肺や大腸といった内臓機能が低調になると、大人でも出来ることがあるので要注意です。



もニキビの出来やすい場所です。

胸のニキビもホルモンバランスの乱れから来ます。
大人になってからの方が注意が必要だと言えます。



背中も皮脂線がたくさんある場所です。
皮脂分泌が活発になる背中も、ニキビの出来やすい場所です。

俗に 背中ニキビ と呼ばれるものが、これです。

背中は、ホルモンバランスの乱れから皮脂分泌が多くなりやすい場所なので、思春期よりも大人になって出る人が多いようです。
また、背中は洗い辛い場所でもあるので、毛穴に汚れが溜ることも原因のひとつです。




ニキビの出来る場所は身体中にたくさんあります。

原因も場所によって異なります(共通しているのは皮脂の分泌が活発な場所であるということです)。

ニキビの出来る原因を理解した上で、場所によるニキビ治療をすることが肝心です。

このカテゴリでは、ニキビの出来る場所によって治療方法をお示しして行きます。

特に「背中ニキビ」については、詳しくご説明します。