トップページ >ニキビの場所と治療方法> 顎(あご)のニキビ


顎(あご)のニキビ

顎(あご)にニキビが出来る原因は様々です。

そのひとつに、男性ホルモンの分泌が増える ことによる肌の新陳代謝が崩れがあります。
大人ニキビ が出来る場所に顎(あご)が多いのは、これが原因です。


生理前ストレス などによる男性ホルモンの分泌量の増加もあります。
排卵後から次の生理までの間に増える黄体ホルモンが、皮脂の分泌を増やします。


また、睡眠不足食生活の乱れ なども、男性ホルモンの分泌量を増加させます。


最も気を付けなければならないのは、洗顔料が残っている場合です。

ニキビの原因の第一は、毛穴のつまり です。
洗顔料を洗い残してしまうと、毛穴をつまらせることになります。



顎(あご)のニキビの治療法で、自宅で出来るものとしては、

正しい洗顔
保湿
バランスの取れた食生活
充分な睡眠
ストレスの解消
ニキビを触らない
消毒薬の利用
市販のニキビ用の薬の塗布
市販のビタミン剤の服用
などがあります。


しかし、自己流の治療でニキビが悪化して、ニキビ跡になってしまっては大変ですので、最初から皮膚科などの病院にかかることをお奨めします。
ニキビは、立派な皮膚病なのです。

医師によるニキビ治療は、まずは投薬治療になるケースが多いようです。
塗り薬と飲み薬の、どちらかあるいは両方を処方します。

薬だけでは状態の改善が見られない顎ニキビの場合は、外科治療を行うこともあります。
顎(あご)のニキビの外科治療は、ニキビの部分にメスを入れるなどして切開し、中のアクネ菌や膿を取り出します。
自分でニキビを潰してた場合は表皮が破裂してしまうので、ニキビ跡が残りやすいのですが、ニキビの切開治療の場合は切り口がきれいに縫合されるので、痕が目立ち難くなります。

近年では、レーザー治療を顎ニキビに施す例も増えています。
レーザーがアクネ菌を殺菌し、治療に効果を表します。