トップページ >ニキビの治療> 医療機関


医療機関

ニキビ治療の為に皮膚科などの医療機関を受診するのは、自分でニキビを治そうとしてみたが出来なかった場合・・・と言う人が多いかと思います。

ですが、それは逆です。
自己流のニキビ治療で、ニキビが悪化してニキビ跡になってしまったら、完治するのは困難です。
市販薬などを買う前に、まずは医療機関を訪れるのが正しい選択です。

ほとんどの人にとっては、「ニキビは皮膚病である」と言う認識が薄いようです。
しかし、ニキビは尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)と言う、まさしく皮膚病なのです。

ニキビには、症状や段階により適切な薬があります。
市販薬を自分で選択するようなことはせず、皮膚科や美容皮膚科・美容外科などの医療機関で、個人の症状にあった治療薬を処方してもらうことをお奨めします。

また、ケミカルピーリングフォトフェイシャル、レーザー治療など、自宅では出来ない治療を、医療機関でならば、肌質や症状・段階に合わせて受診することが出来ます。
合わせて 生活習慣 の指導なども受けられるのは大きなメリットです。


ケミカルピーリングは、ニキビ治療のスタンダードなものです。

古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを正常化させます。
ケミカルピーリングには、殺菌作用、毛穴の汚れを溶かし出す作用、ニキビの炎症を抑える作用、皮脂の分泌 を抑える作用もあります。
ニキビ跡の色素沈着やデコボコも改善します。


フォトフェイシャルは、気になる小じわ、しみ、そばかす、くすみ、ニキビ跡、毛穴の開き、赤ら顔など、肌の様々なトラブルを治療します。

フォトフェイシャルは、顔全体に有効な光を当てることにより、肌が持つ本来の美しさを呼びさまし、若々しい素肌に改善して行くことを目的としています。
また、沈着したメラニンにダメージを与えると同時に、コラーゲンの合成を活性化させ、肌が内側から美しく変わって行くのを助けます。

フォトフェイシャルは幅のある波長を持ち何色もがが集まっている光である為、単一の波長(色)の光のレーザーと違い、肌へのダメージはほとんどありません。


ニキビのレーザー治療は、ニキビのてっぺんにレーザーでごく小さな穴を開け、角栓(コメド)と皮脂を医療機器によって押し出します。

レーザーには殺菌作用がありますし、ニキビに空気を通す事により空気を嫌うにきび菌の活性を抑え、ニキビ跡を残さずに治療することが出来ます。
レーザー治療は、ケミカルピーリング直後の角栓(コメド)が水分を含んで取り出しやすくなっている状態で行うと、大変に効果的です。