トップページ >ニキビの治療> 薬


ニキビを市販されている薬で治療しようという人は、大勢いるかと思います。

ニキビの市販薬はドラッグストアなどで気軽に購入出来ますし、皮膚科や美容外科へ通う時間や体力も省けます。

市販薬で実際にニキビが治る場合もありますが、自分で薬を選んで使う場合は、治らないばかりかニキビを悪化させてしまうリスクもあること覚悟しておかなくてはなりません。


ニキビと言うものは、その症状や進行状態によって適切な薬は違って来ます。

また、同じ人でも、場所によって、初期のニキビや進んでしまったニキビが混在しています。
それを考えた場合、ニキビの薬の選択は、素人にはとても難しいと言うことが想像出来ると思います。

ニキビの薬は市販のもの使用するよりも、病院で診察を受けた上で処方されたものを使う方が断然安全であると言えます。

ニキビ跡を作らない為にも、正しい専門知識を持った医療機関で受診することをお奨めします。


ニキビの薬には、服用するタイプのものと塗る外用タイプのものがあります。

身体の中と外からの両方でニキビを治療することにより、早い改善が見込めます。

薬に使用されるのはステロイドや抗生物質ですが、いずれもニキビを根本から治すものではなく、今あるニキビの炎症を抑えるためのものです。
ニキビを根本から治すには、睡眠不足食生活 の改善など、日常生活 から変えて行かなくてはなりません。