トップページ >ニキビの治療> ピーリング


ピーリング

ケミカルピーリングは、読んで字の如く「科学物質で皮膚を剥く」ことです。
ケミカルピーリングとは、酸性の物質を使用して皮膚を剥いて、新しい皮膚を作らせる方法です。


ケミカルピーリングはニキビの治療にも効果があり、フォトフェイシャルが出現する以前は、ニキビ治療の主流でした。

肌に対して刺激の少ない酸で古い角質をやさしく取り除くことにより、ニキビの原因である 毛穴のつまり を改善し、さらに肌のターンオーバーを促進してニキビ跡も解決してしまおうと言う治療方法です。


ニキビの状態や進行段階は人によって違い、また肌の状態も人によって違いますから、その人のニキビや肌の状態に応じて治療方法も変えなければなりません。

と同時に、病院や医者も人それぞれです。
充分で最新の医療機材がそろっている病院と言うのもひとつの条件ではあります。

ですが、ケミカルピーリングにしろフォトフェイシャルにしろ、医者個人が持つ技量が問われる治療方法です。
美容外科や皮膚科を受診する前に、その病院の評判を口コミサイトなどを利用して情報を収集し、よく検討してからかかるようにしましょう。


ケミカルピーリングは、医療機関だけの専売特許ではありません。
自宅で治療出来るものも市販されています。

「ピーリング石鹸」と呼ばれているものです。

家庭での使用が前提ですので、医療機関で行うピーリングと比較すると、当然、酸の濃度は低めですが、ニキビやしみ、そばかすに有効であるとされています。


また、洗顔後にピーリングローションを小皿に取り分けて、付属の筆を使って肌の気になる部分にピーリングローションを塗布する「ホームピーリング」と言うものもあります。

ホームピーリング後は角質層が薄くなる為、紫外線 に対する肌の抵抗力が落ちています。
ですので、日中は必ず日焼け止めなどの 紫外線対策 が必須です。