トップページ >ニキビの治療> フォトフェイシャル


フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる特殊な光を使った美容治療です。
フォトフェイシャルの美容治療は、ニキビ・ニキビ跡などに対する治療も行います。

フォトフェイシャルのIPLは、メラニンに反応する特殊な光です。
シミ・ソバカスなど肌のトラブルを引き起こす原因となるメラニンにダメージを与えることで、美肌・美白効果をもたらします。

IPLの光エネルギーにには、皮膚のコラーゲンが増加する効果もあります。
コラーゲンは、肌の保湿の為に重要な役割をしている成分です。


フォトフェイシャルの施術時間は、ニキビ・ニキビ跡の状態や施術する箇所によって多少変わりますが、およそ15分~20分程度です。
施術は簡単で、特殊なジェルを患部に塗り、そこへIPLを照射します。
痛みなどは無いので、安心して受けられます。

フォトフェイシャルは一回で終わる治療ではありません。
ニキビの段階やニキビ跡の状態による個人差はありますが、効果が現れるまで数回程度受ける必要があります。
通常は3週間ほどの間隔を空け、次の治療を受けることになります。


フォトフェイシャルのメリットは、肌へのダメージが少ないことです。
これは光を使った治療である為ですが、その他にも、例えば、ニキビやニキビ跡のある箇所のみと言った具合にピンポイントで対処できる為、肌に掛かる負担を最小限に抑えることが出来るからです。

レーザー治療に比べて痛みも少なく、施術した部分は、赤くなることはあっても傷跡になるようなことはありません。
また、施術後もすぐに化粧や洗顔が出来るのも、フォトフェイシャルならではでしょう。


フォトフェイシャルのデメリットとしては、即効性が無いところです。
1回の治療では、目に見えて大きな効果は実感出来ないのが普通です。

その人のニキビやニキビ跡の症状にもよりますが、だいたい3週間くらいの間隔を空けながら、5回~10回ほどの治療を受けることになります。
当然、その分費用も掛かりますし、通院に時間やエネルギーも使います。

また、体質や肌の状態、症状の重さには個人差がありますので、フォトフェイシャルがすべての人に同じ効果が出るとは言い切れません。
充分な効果を感じられない人もいるでしょう。


それから、ニキビ以外のトラブルが肌にある人・・・アトピー性皮膚炎、ひどい日焼けなど・・・がある人は、フォトフェイシャルの治療を受けることが出来ない場合があります。
そのような人達にとっては、フォトフェイシャルの刺激が強過ぎて、肌に更なるダメージを与える可能性がある為です。